QLOOKアクセス解析
子なし夫婦のワンコライフ 
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/31
2011 Mon
乳腺腫瘍
ご無沙汰しております。

台風の記事から更新がなかったので

台風に吹き飛ばされたんじゃ?

…と、心配していただいたお友達、すみませんでした!

重量級なので、超特大台風にもびくともせず、
無事に帰宅しております。


マロンの乳腺腫瘍について、
長い上に写真もなく(写真がグロいので…)淡々とした記録なので
興味のある方だけどうぞ

      ↓




マロンのお乳の上に
直径5mmくらいの内出血のような、青黒いものを見つけたのは半月前。
(人間の肘のところの静脈が、皮膚の上から透けて見えるような感じ)

見た感じは膨れていないし
最初は「ぶつけたのかな?」位にしか思っていなかったんですが
なかなか治らないので、恐る恐る触ってみたら…
固いしこりのようなものが…!!

病院では、ヒートが終わって一カ月程度なので
想像妊娠による、乳腺炎かも?とのことで
(おっぱいを触ったら、ビューっとお乳がでた!)
抗生物質の投与で様子を見ることに。

乳腺炎の場合、薬で良くなるとのことだったのですが
薬を飲みきっても、小さくなる気配がなく、再度受診。

そして、エコーと細胞診の結果

・腹部エコー…腫瘍の境界がなめらかで、はっきりしており
       血流も乏しいので、悪いものではなさそうとのこと

・細胞診…ほとんどは正常な細胞だが、ごく一部、細胞核のはっきりしないものがあるので
     この結果だけでは、悪いものではないとの断定は難しいとのこと

以上の結果、「腫瘍を切除しちゃいましょう!」ということになり、
急きょ、腫瘍切除手術を行いました。
(局所麻酔で行ったため、切除後すぐ帰宅できました)

取った腫瘍は見せてもらえなかったのですが
周囲への癒着も湿潤もなく、境界がはっきりしていて
腫瘍の表面が滑らかだったので、見た目は良性っぽい感じ。
ただ、腫瘍が固くなくて、ポロポロ崩れた(←悪性の場合、組織が脆いらしい)ので
良性と悪性の確率は五分五分…とのことでした。

自宅に帰った後、
傷が内出血を起こし、パンパンに腫れてしまい…
麻酔が切れたせいもあり、マロンも痛がってキーキー言って
ハウスでじっとうずくまって
大好きなおやつで釣っても出てこなくて…涙…
心配で心配で一睡もできなかったのですが
翌朝にはすっかり食欲は戻って、いつものマロンになってました。

今もまだ、内出血した部分は腫れていますが
もう痛みはないようです。

そして、肝心の細胞診断の結果ですが

良性でした!よかった~~~泣

五分五分といわれていたので
結果が出るまで生きた心地がしませんでしたが
本当によかった。。。

でも、乳腺腫瘍は避妊手術でほぼ防げる病気。
私に手術に踏み切る勇気がなったせいで
マロンにつらい、痛い思いをさせてしまいました。
今回、運よく良性だったから良かったものの
悪性だったら…と考えると
心臓が止まりそうになります。

マロンはもう8歳なので
避妊手術によるリスクとメリットを考慮して
今後どうするか、決めたいと思います。

出来ることなら、タイムマシンで過去に戻って
初ヒート前に避妊手術してきたいなあ~

来週、抜糸の時に先生とよく話し合ってきます!
スポンサーサイト
copylight © walk together -いっしょに歩こ-. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。